メニュー

パーキンソン病リハビリテーションは症状の進行を遅らせる

[2022.08.26]

発症早期リハビリテーションの重要性

発症早期のパーキンソン病患者様において、「日常身体活動量と運動習慣の維持がパーキンソン病の症状進行を遅らせる」と言われています。当院では、以下の研究成果などを背景にパーキンソン病に特化したリハビリテーションプログラムを提供しております。

『パーキンソン病リハビリテーションは症状の進行を遅らせる』

 

LSVT BIGの説明と当院の治療プログラムの紹介動画

▼『LSVTとは?-LSVT BIGについての説明-』

 

▼LSVT BIGの実際 -当院の治療プログラムの紹介-

 

お問い合わせ

プログラム内容などリハビリテーションに関することは以下のフォームへお問合せ下さい。

リハビリテーションについてのお問い合わせ

また入院についてのご相談は以下のフォームへお問合せ下さい。

入院についてのお問い合わせ

※業務の都合上、即時対応が難しい場合がございます。予めご了承下さい。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME